私はワキガと今もずっと戦っています。

 

広島県/20歳 A.Kさん

 

タイトルの通り、私はワキガです。私がワキガだと気づいたのは中学三年生の時です。

 

体育や部活などで汗をかいた際にとても異様な臭いがすると自分で気付きました。この変な臭いはどこからするのだろうと思い脇を臭うとその異様な臭いが脇から臭ってきました。

 

中学では汗を書いている時には隣の人に臭ってないかなと気にするのがいやでした。もし臭いとかいわれたりしたらとても傷つくので。最初は脇がくさくなる時は脇汗を大量に搔いた時でした。

 

部活はバスケ部だったのでノースリーブの時は脇汗も横腹まで垂れてくるし直で臭い嫌でした。Tシャツをきると脇汗が服に染みそれが時間がたつとワキガの臭いがしていました。

 

部活をするにしても汗をかくことがこわくなっていました。高校生のは入りたてはこいつワキガなんだと思われることが嫌なので制汗剤は必須でした。時には香水を臭いと言われるくらいふりまいていました。

 

ワキガの臭いで臭いと言われるよりかはなんぼかましだなと思ったので。そうやって二十歳までずっと乗り越えてきましたが、二十歳になり彼女ができました。私は彼女にだけはワキガだとばれたくないので必ず香水は必須でした。

 

会うたびに香水をふりまいてました。夏のある日デートをしている時に車で移動していたのですが、彼女がちょっと観光したいと言い暑い中渋々歩くことになりました。この暑さの中歩き彼女に対するドキドキとで私の脇汗はもうびしょびしょでした。その時は黒い服なのであまり目立たなかったが臭いはごまかせません。

 

制汗剤もきれてきて、自分がわかるくらいワキガの臭いがしました。自分でわかるくらいなら彼女も絶対気づいてると思いつつもいい雰囲気なりずっと寄り添っていました。

 

彼女は私のワキガで不快に思っていないかなという心配でデートどころじゃありませんでした。私はなんでこんなにワキガで悩まされなければいけないのでしょうか。

 

彼女とはもう別れましたがもしかしたらワキガが原因で別れた可能性もあります。こんな辛い経験はもうしたくありません。